WORKS事例紹介

猫と暮らす平屋の住まい。

計画中

始まりはリフォームのご相談からでした。

古くなった自宅と、同じ敷地内に建つアパートを改修したいとご相談を受け早速調査に。

思いのほか建物の老朽化が進んでいること、敷地奥に建っているアパートは接道が無く、今後解体が困難で再建築が不可になること。

その他予算と施工範囲、今後の土地の利用を考えると、一度全て解体して新築する方が良いとの判断となりました。

早速ボリューム模型で土地の大きさと周辺環境を整理します。

ご要望をまとめると以下の通り、

・里帰りに来るお孫さんを迎え入れるための自然素材を使った家づくり

・来客時に猫さんを避難させる部屋が欲しい

・水廻りはこだわって広めに作りたい

・建具はすべて引き戸、吹き抜けと二階に物干しサンルームが欲しい。

敷地は南北に長く、比較的高い建物に囲まれています。

大きな敷地の北面を駐車場として利用し、将来接道を持って分筆できるよう大きく土地を残して

プライベートなお庭を南面に残した建物の配置が良さそう。

まずは必要とされる床面積と予算を優先して二階建ての提案から。

敷地の南側に完全に寄せ過ぎず、南面のお庭を確保しながら、お隣の家とも配置とバランスを合わせています。

一番風通しと日照のある東南にサンルームを設け、吹き抜けに光を落とします。

図面を元にお打合せを進めると、配置もバランスもOK。

ただ吹き抜けもサンルームもちょっと贅沢なので中止してしっかり床面積が欲しい。との事。

ではしっかり作り込んで行きましょう。

完成しました1stプラン。

一階に和室とリビング、水廻りをまとめ、二階は丸ごと寝室のコンパクトプラン。

予算も大幅に抑えたシンプルなプランです。

デザインも予算もクリアしましたが、ここで気になるのが平屋だったらどうなるのか?

やっぱり年齢を考えると平屋は捨てきれないし、平屋なら予算をオーバーしてもなんとか。との事。

わかります。わかります。

ただ、収納や確保したい床面積を考えるとかなり大きな平屋になってしまう事、

敷地条件から、平屋にすると明るさの確保が難しい事。

そんな事を考慮して、できました2ndプラン。

段違いの屋根を設けたロフト付きの平屋です。

北面から見ると、落ち着いた和風の平屋ですが、南面には屋根に段差を設け、光と風を取り込みます。

段違いの部分は大きなロフトスペースとして収納を確保しながら、猫さん達の部屋にもなっています。

各部屋に小さな小窓を介して、光と風が行き渡るプラン。

イイ感じ、これで行きましょうか!と打合せも終盤、

ご主人から「瓦屋根で棟が欲しい。」とのご要望。

実はご主人は建築士の資格も有していて、構造や工法にも明確なこだわりが。

予算も大切ですが、ご主人の願いに奥様もここは譲歩のご様子。

ではなんとか予算に影響が無いよう調整して、瓦屋根の棟付きのプランに修正してみましょう。

完成しました3rdプラン。

シンプルな平屋ながら、正面玄関には丸みのある外壁と木製建具でアクセントを。

リビングには勾配天井と梁を現した高い天井で、平屋ながら縦に広がる空間が魅力的です。

ロフトの小窓から猫さんがのぞいてくれることを期待。

約一年をかけてじっくりとプランを進めました。

自身の生活に本当に必要なものか何かをじっくり検討し、こだわりも捨てない。

遊び心も残る素敵なプランになりました。

棟上げは4月を予定。

春が楽しみですね。

次へ

建設中

次へ

完成

次へ

施主の本音

猫と暮らす平屋の住まい。

所在地:尼崎市

主要構造:構造在来工法 平屋建て

設計・施工:(株)建築士事務所 民家

竣工:(株)建築士事務所 民家

工期:3ヵ月

敷地面積:

建坪:67㎡ (20坪)

延べ床面積:67㎡ (20坪)

建物本体工事費用:2500万円

本体工事以外に要した費用:300万円