COMPANY会社案内

ごあいさつ

高度成長期にあわせ量産型の住宅が建ち並び、それに対応する新建材や工法が次々と開発され、住宅の耐用年数は25年と認識され、建てては壊す住宅はシックハウスや環境汚染をも招きました。近年ようやく地球環境保護の観点から、長期対応型の住宅へと見直しが行われているところです。
建築士事務所民家は、設立当初より国産材住宅推進協会の理念のもと、日本の山の持続可能な活性を願い、林産地と密なる連携のもと、国産材を使った住まい創りを行ってきました。
また、住まいは人間の巣と捉え、安心して家族が憩い、成長する場としての住まい提案を一貫して行っています。住まいづくりを通し、あなたの暮らしがより豊かに、家族力が育む礎になることを願っています。

代表 北山康子

代表 北山康子

民家の歴史

欠陥住宅に悩む生活者に寄りそって

民家の前身は、代表の北山が昭和56年に立ち上げた「(株)ダブル住宅見積設計事務所」。
工務店で経理事務を務めたのち、欠陥住宅で泣くユーザーの支援を目指し、設立しました。
社名の「ダブル住宅」はWOODとWOMANから引用、「見積」とつけたのは、杜撰な見積りが不信を招き、クレームに発展するケースが多く、設計と見積りの必要性を訴える為でした。
当時は住宅分譲地の開発が盛んで、建てれば売れるという時代でもあり粗悪な住宅が横行していました。まずは住宅について生活者に知識がなく、施工会社に全て任せていることが問題であると考え、住宅セミナーを開催し勉強してもらうことから始めました。これは今でもずっと継続しています。

間伐材から国産材の問題を知る

そんな折、四国の林業家から山に放置されている間伐材について相談を受け、日本の山に直面する多くの問題があることを知りました。戦後の拡大造林で植えた杉、ヒノキが、漸く木材として使える時期を迎えているにも拘わらず輸入材が建築用材のシェアを占め、国産材が売れないという現実でした。
林業は植林した木に間伐を重ね40年~50年をかけて育て、伐採し、用材として販売、また植えて育てるというサイクルを繰り返し成り立っています。収入が無ければ林業は成り立たず、森林は荒廃するばかりです。

間伐材から国産材の問題を知る とにかく国産材を使おう
間伐材から国産材の問題を知る

とにかく国産材を使おう

昭和 59 年に共鳴する建築士・林業家・生活者と国産材住宅推進協会を発足し、スギ・ヒノキ・松を使った国産材だけの住宅建築の啓蒙・普及活動を開始。そして、設計事務所も商号を「建築士事務所民家」と改め、平成元年に設計・施工会社として営業を始めました。

とにかく国産材を使おう

気が付けば40年

創業より木造住宅一筋に創り上げてきました。
今も昔も住まいづくりの基本は、暮らす人にとっての安心・安全と住み心地の良い住環境を提供することに変わりはありません。ただ住まいへの価値観は40年前と少し変化しているように感じられます。一人一室が望まれた時代から、家族間のコミュニケーションを重視した住まいづくりへと様変わりし、資産価値としての住宅より、どう暮らすかに視点が変化しているようです。
民家として、もう一つ大切にしていることは、ご入居後もお施主様が住まいに対し、誇りと愛情を感じていただけるかどうかです。 今や少なくなった地鎮祭や上棟式を必ず行っていますが、それも住まいへの愛情と誇りに繋がると考えています。

沿革

1981年 木造住宅専門の建築会社として (株)ダブル住宅見積設計事務所を設立。
1983年 山に放置されている間伐材を知り、その活用法とし屋根の野地板などに利用することを提案・推進。
1984年 建築士事務所民家がリーダーシップをとり関連建築士や、林業関連者で国産材住宅推進協会
立ち上げました。
1999年1月 (株)建築士事務所民家に商号を変更し、設計・施工を目的とする。
2009年1月 事務所を淀川区西宮原(新大阪駅)より、淀川区新高(阪急/三国駅)に移転しました。

協会の理念に沿い、国産材の住宅建築を行う傍ら、セミナーや見学会を通じ、山の実情を説き、 国産材を使うことの重要性を訴え続けています。
国産材の普及活動は、民家スタッフの協力(ボランティア)に支えられています。

会社概要

社名 株式会社建築士事務所民家
所在地 大阪市淀川区新高4丁目10-25アクセスマップ
電話番号 06-6395-8215
【受付】 9:00~18:00(日祝定休)
FAX 06-6395-3397
E-MAIL info@min-ka.jpお問い合わせフォーム
代表 北山康子
資本金 2000万円
取引銀行 北おおさか信用金庫 東淀川支店
三菱UFJ銀行 新大阪支店
三井住友銀行 新大阪支店
業務内容 在来木造住宅の設計・施工
マンションリフォーム・増改築・古民家改修工事
建設業の許可番号 建設業 大阪府知事(般-1)第71534号
有効期間 令和2年1月24日から令和7年1月23日まで
二級建築士
事務所登録
登録番号 大阪府知事(ろ)第8921号
登録年月日 令和1年7月4日
施工実績 現在まで800棟以上の木造住宅の新築、国産材を使ったリフォームを施工
ZEH普及目標と実績
ZEH

 2020年度 ZEH普及実績 0%
 2021年度 ZEH普及実績 0%
 2025年度 ZEH普及目標 75%

スタッフ 設計 2名(内・1級1名)
施工 2名
総務 1名
各職方・職人 木材提供(製材・プレカット)
  高知県 梼原町森林組合、高知プレカット
  宮崎県 久保産業、木脇産業
  三重県 野地木材工業
専属大工 高下組2名、森川組3名
屋根工事 興津商店、福永板金
基礎工事 クゼン建設
左官工事 加藤左官、井上左官、左官山本組
木製建具 国貞建具、ウエダ建具
その他設備工事など18社 スタッフ・職人紹介

スタッフ・職人紹介

民家のスタッフ

中津 真
Nakatsu Makoto

施計部/二級建築士
学生時代に左官、カメラ、設計事務所などでアルバイトをしたことが生かされているようです。モノづくりに長けとにかく器用、設計に欠かせない要素を全て持ち合わせ、まさに設計は天職の域です。
日常の暮らしや洋服にもこだわりを持ち、中々のセンスです。親しみやすい笑顔で子供にもてもて、イベントにも欠かせない存在です。
 
【仕事のやりがい】家づくりの楽しさを皆で共有できた時
【やってみたい事】ロッククライミング、華道
【幸せを感じる時】旅行に向かう空港で過ごす時間
【大切にしている事・もの】スニーカー、ジーンズ、万年筆
【好きな食べもの】東南アジアの屋台料理

矢野 祐子
Yano Yuko

設計部/一級建築士・インテリアコーディネーター
とにかく好奇心MAXで、彼女の活動源となっているようです。愛されキャラですが、仕事となれば責任感が強く、慎重派でもあります。飲み会ではムードメーカーとなり、無類のワイン好きですが、味が分かって飲んでいるのかどうかは分かりません。
現場で昭和家電を見つけようものなら要注意、制振不可能となりバクハツ。
 
【仕事のやりがい】常に感じています。なんて言える人にいつかなりたいです。
【やってみたい事】キノコリウムを作ってみたい
【幸せを感じる時】旅先で温泉に入り、糊のきいた浴衣を羽織り、ごちそうを前にビールを飲むあの瞬間
【大切にしている事・もの】万博グッズ、昭和家電コレクション、毎朝天候に関係なく行われる愛犬との強制散歩
【好きな食べもの】ふぐの白子

川崎 滝夫
Kawasaki Takio

施工部/一級建築施工管理士・二級建築士
建物の現況調査には欠かせない存在です。小屋裏や床下点検も納得が行くまで隈なく調査し、誠実な人柄はお施主さんの信頼も厚く、頑固さと優しさを併せ持っています。
現場で気になることがあれば、休日返上で駆け付けるなど責任感は半端なく、無類の愛妻家でもあります。1男1女のお父さん。
 
【仕事のやりがい】お引渡しの時は、施主さんの笑顔を見た時にやりがいを感じます
【やってみたい事】チェーンソーアート、乗馬
【幸せを感じる時】家族の笑顔を見た時
【大切にしている事・もの】「し・こ・せ・き・だ」(自衛官の心がまえ)
※し=使命の自覚、こ=個人の充実、せ=責任の遂行、き=規律の厳守、だ=団結の強化
【好きな食べもの】焼き魚、うどん

柳川 洋子
Yanagawa Yoko

総務部
民家の総務と国産材住宅推進協会の事務局をこなし、安心して任せられる存在です。スタッフの信頼も厚く、相談役としてお姉さん的役割も担っています。
協会のツアーでのトークや、文章力(ブログ)の発揮などパワーアップし、益々磨きがかかっています。1男2女のお母さんでもあります。
 
【仕事のやりがい】みんなが仕事をしやすい環境をつくること。1人でも多くの人に国産材を使ってもらえたら嬉しいです!家だけでなく、身近なものから。
【やってみたい事】農業
【幸せを感じる時】美味しいお酒と食事に出会えた時。旅行も!
【大切にしている事・もの】人との関わり、ストレスをためない事
【好きな食べもの】お寿司、鍋、チーズケーキ

設計事務所

細江住楽設計 細江 由理子
Hosoe Yuriko

元・建築士事務所の設計スタッフとして活躍。出産後独立し、民家や協会の設計を手掛けています。ライフオーガナイザー(1級)としてのアドバイスや、女性建築士としての細やかな気づきなどが支持されています。2級建築士です。
【仕事のやりがい】ご入居後のお施主様の喜びの声
【やってみたい事】10代でしていたピアノ(キーボード)を弾くことと、絵を描くことを再度始めたい
【幸せを感じる時】家族や仲間の団欒と娘とウォーキングをしている時
【大切にしている事・もの】快適さ
【好きな食べもの】梨,お茶(緑茶、珈琲、紅茶)

職人

高下組 高下さん

お施主様の一生に一度の家、大事に大事に建てさせていただきます。

田中組 田中さん

簡単に建つ家でなく、大工職として技術を育める国産材住宅に誇りをもっています。 年に一度はプレカットでなく手加工にチャレンジしたい二児のパパです。

伸興電装 幡本さん

20年来のお付き合いで「木族会」の会長さんです。 規則正しく並ぶ配線工事は定評があります。アクシデントが起きたときに誰が見てもすぐに分るきれいな仕事を心がけています。

正和装飾 横田さん

クロスやさんです。 工事の仕上げ段階入り、仕事の良し悪しがすぐに反映する仕事でもあります。 いつも穏やかで、もくもくと作業をこなしています。

神庭工業 神庭富男さん

20年来のお付き合いです。息の合った兄弟で仕事をしています。 水周りの為、フットワーク良く、即対応を心がけています。ライフラインの要ともいえる水道工事です。信頼関係が一番です。

求人情報

建築士事務所民家では、男女スタッフを募集中です!!

応募条件 ・通勤時間1時間以内(勤務地:大阪市淀川区新高4丁目10-25)
・礼儀、挨拶ができること
・木造建築が大好きであること
・仕事に対してポジティブであること
・働くことに感謝し、素直であること
資格 ■設計スタッフ
・有資格者(1、2級建築士)
・JW-CADでの製図が可能なこと
・木造軸組工法の設計経験があること
・意匠設計の経験があること
・要普通自動車運転免許

■現場監督スタッフ
・有資格者(1、2級建築士) ※取得を目指している方ならOK
・JW-CADの操作が可能なこと
・木造軸組工法での現場監督の経験があること
・要普通自動車運転免許(MT必須)
・有資格者歓迎
事業内容 40年以上、国産材の利用推進運動を支持し、国産材と自然素材にこだわりを持つ工務店です。お施主さんにとって何がベストかを徹底して考え、提案することをモットーにしています。
注文住宅100%。新築、リフォーム、メンテナンス、現場監理と多岐に渡ります。
勤務体系 月~土曜日(8時30分~18時)
※休日にお施主様との打ち合わせや、NPO国産材住宅推進協会のイベントなどで出勤することもあります。その他、詳しくは面接にてご説明致します。
応募方法 info@min-ka.jpまでご連絡の上、先ず履歴書をご送付ください。自己の製作図面などあれば添付してください。その他、ご質問もメールにて受け付けます。

アクセス