WORKS事例紹介

古材の活きるハナレ

計画中

ハナレを新築したい、とのご要望を受け三田へやってきました。

武庫川沿いの田園と里山を遠くまで眺める気持ちの良い場所。

国道沿いに民家が立ち並び、お施主さんの家も瓦屋根の大きな母屋をお持ちでした。

手前には丈夫な鉄骨の駐車場。

南面の国道には沢山の車が通り賑やかな印象。

北面ののどかな景色とのメリハリを効かせたプランが必要そうです。

そして今回とっても嬉しかったのがこちら。

松の古材を再利用して欲しいとのご要望でした。

元々ここに建っていたお店で使っていた梁材です。思い出も合わせて、是非大事に使いましょう。

ご要望をまとめると、

・夫婦二人で、母屋のご両親との生活に寄り添えるハナレを建築したい。

・一階は収納がメインで水廻りも最小限に。

・予算に合わせてローコストで。

との事。

早速プランに取り掛かります。

明確な予算とご要望のおかげで、いつになく設計も順調に進みました。

様々なパターンの大量の見積書を精査し、予算の検討を行いながら図面に調整を加えつつ進めます。

設計施工だから出来る技ですね。

さて、完成しました1stプラン。

南面の国道側はミニマルに無駄のないデザイン。

アクセントに木を加えた玄関と2階ドアが引き立ちます。

2階ドアからは将来的に手前の駐車場上に設置されるウッドデッキにアクセスできるようになっています。

国道沿い西側から見るとよりシンプルな外観が引き立ちます。

屋根勾配を母屋と揃え、高さと色を抑えることで現代版蔵のような印象に。

ミニマルな外観と対照的に、中に入ると松の古材を使った表しの梁や杉の柱がふんだんに使われモダンな古民家の印象です。

予算にもぴったりと納まり、窓や内装の打合せを終え8月に棟が上がります。

施工契約の際には、

金額も不安になることが無く安心して進めることが出来ました。

と嬉しいお言葉を頂きました。

予算に合わせて、価値あるローコストを目指せました。

次へ

建設中

次へ

完成

次へ

施主の本音

T邸のハナレ

所在地:兵庫県三田市

主要構造:木造在来工法2階建て 古材再利用

設計・施工:(株)建築士事務所 民家

竣工:

工期:

敷地面積:

建坪:32㎡ (10坪)

延べ床面積:64㎡ (20坪)

建物本体工事費用:

本体工事以外に要した費用: