WORKS事例紹介

古材の活きるハナレ

計画中

ハナレを新築したい、とのご要望を受け三田へやってきました。

武庫川沿いの田園と里山を遠くまで眺める気持ちの良い場所。

国道沿いに民家が立ち並び、お施主さんの家も瓦屋根の大きな母屋をお持ちでした。

手前には丈夫な鉄骨の駐車場。

南面の国道には沢山の車が通り賑やかな印象。

北面ののどかな景色とのメリハリを効かせたプランが必要そうです。

そして今回とっても嬉しかったのがこちら。

松の古材を再利用して欲しいとのご要望でした。

元々ここに建っていたお店で使っていた梁材です。思い出も合わせて、是非大事に使いましょう。

ご要望をまとめると、

・夫婦二人で、母屋のご両親との生活に寄り添えるハナレを建築したい。

・一階は収納がメインで水廻りも最小限に。

・予算に合わせてローコストで。

との事。

早速プランに取り掛かります。

明確な予算とご要望のおかげで、いつになく設計も順調に進みました。

様々なパターンの大量の見積書を精査し、予算の検討を行いながら図面に調整を加えつつ進めます。

設計施工だから出来る技ですね。

さて、完成しました1stプラン。

南面の国道側はミニマルに無駄のないデザイン。

アクセントに木を加えた玄関と2階ドアが引き立ちます。

2階ドアからは将来的に手前の駐車場上に設置されるウッドデッキにアクセスできるようになっています。

国道沿い西側から見るとよりシンプルな外観が引き立ちます。

屋根勾配を母屋と揃え、高さと色を抑えることで現代版蔵のような印象に。

ミニマルな外観と対照的に、中に入ると松の古材を使った表しの梁や杉の柱がふんだんに使われモダンな古民家の印象です。

予算にもぴったりと納まり、窓や内装の打合せを終え8月に棟が上がります。

施工契約の際には、

金額も不安になることが無く安心して進めることが出来ました。

と嬉しいお言葉を頂きました。

予算に合わせて、価値あるローコストを目指せました。

次へ

建設中

ついに施工が始まります。

まずは地鎮祭、施主ご家族皆さん集まって、工事の安全祈願と土地の神様へご挨拶を行います。

雨予報もなんのその、青空も顔を出す地鎮祭になりました。

地鎮祭が終われば早速基礎工事が始まります。

パンチパーマのおっちゃんお兄さん、昔ながらの職人気質できっちり仕事を納めてくれます。

現場で基礎工事が進んでいる間、民家の倉庫には何やら大きな松梁が運び込まれてきました。

元々敷地に立てられていた建物の松梁を再利用するため、大工さんが仕口の加工をしています。

私も興味津々、丸太梁の仕口の作り方、墨の出し方を教えてもらいました。

曲がった材にどうやってまっすぐ線を引くんだろう。。。。。?

仕口の完成した松梁を、次は施工部の川崎さんにバトンタッチ。

表面の古材の色は残しつつも汚れは残さず、程よく艶も出したい。安易に古材に色は付けるのは避けたい。

と設計の無理難題に対して様々方法を提案頂いて、サンダー2度がけの天然オイル仕上げに行きつきました。

素材を活かした程よい照り感が素晴らしい!

現場では基礎工事が終盤に。

耐震等級3の鉄筋はやっぱり丈夫。フックにダブルのトップ筋は民家の標準です。

基礎が完成すると棟上げです。

20坪のコンパクトなお家はお昼には綺麗に棟が上がりました。

田園の景色に杉の香りが広がります。

母屋との高さとのバランスや配置を再確認して安堵しました。いい家になりそう。

今回は耐力壁面材を採用しているので、あっという間に外壁下地が完了。

古材の松梁と梼原からやってきた若い構造材とのバランスが楽しいですね。

内壁が仕上がればグッと魅力を引き立て合う事を期待!

外壁の仕上げも進んできました。

軒の出が少ない分、外壁の耐久性には気を使い、ガルバニウム鋼板よりもさらに錆に強いSGL鋼板を採用しています。

一枚一枚職人さんが丁寧に壁に貼り付けて行く一文字張り。和風の街並みにもピッタリです。

内部では、壁の仕上げ作業が進んでいます。

今回は、和室の塗り壁を施主自ら施工することになりました。

家族揃っての塗り壁作業、チームワークもピッタリです。

ゼオライトと竹炭を配合した調湿性能抜群の微風は、100%自然素材で安心の塗り壁材です。

4畳半の和室が半日でほぼ完成しました。

色は黄土色をチョイス。和室の落ち着いた雰囲気にピッタリです。

気づけば足元に兄弟の手形が出来ていました。

家の一部分でも家づくりに参加するのは本当に素敵ですね。

家族そろって壁を仕上げた思い出が、しっかりと家の愛着に繋がっているように感じます。

内装も最後の仕上げ作業です。

ミニキッチンの後ろには爽やかな白いタイルが貼られていました。

綺麗に揃った目地とモザイク模様に職人技が光ります。

ナラのキッチンカウンターと白いタイルの相性が抜群です。

完成は目前です!

次へ

完成

古材の活きるハナレ、完成しました。

まずはタイトルにもなっている、古材が生かされたリビングから。

天井には元々敷地内に建っていた建物で使われていた松梁が再利用されています。

当時から印付けられていた墨をそのまま残し、あえて古材の色味を残すように作りました。

天井はあえてシンプルに仕上げ、照明も壁と梁上の間接照明とすることで松梁をより印象付けています。

リビングを2階に持ってきたのは、広さの確保のためとこの景色があるから。

南面いっぱいに広がる里山の景色を独り占めです。

リビングの水廻りは造作のミニキッチンをコンパクトにまとめています。

リビングの中心に据えられる事を考慮して、デザインはもちろん素材や質感も丁寧に選定しました。

白いタイルと木目を生かした棚やカウンター、ホーローのシンクが可愛らしく温かい印象に。

キッチンの上はちょっとした物置ロフトスペースになっています。

8畳のリビングには4.5畳の和室と通じる三枚の障子が。

3枚の障子がすっぽり壁に納まるので、普段は部屋を一体的に使うことが出来ます。

建具の高さや見切りのラインを和室と揃えることでスッキリ。

和室にはお施主さん自ら施工した塗り壁が。

畳には農薬を極力使わず生産された省農薬畳が敷かれています。

和室の地窓は夏のお昼寝に最適、部屋全体の空気を効率的に入れ替えてくれます。

今回は部屋の大きさを考慮して建具の桟を細かく作ってみました。

障子紙越しの淡い光が行燈のようで綺麗。

お施主さん自ら施工した塗り壁も、左官屋さん絶賛の出来栄え。

ちょっと荒い仕上がりも陰影が付いてカッコいい!

緩やかに作った階段を降りると玄関と水廻りです。

階段を上がる時に見える梁がとても印象的でお気に入りの場面です。

コストを抑えるために水廻りはシンプルに作りました。

アクセントタイルをちょっと入れるだけでも、普通の洗面も素敵に変わります。

床はコルクタイルで仕上げているので冬でも温かく柔らか。

コンパクトながら、様々な素材を丁寧に扱うことで見所の沢山ある家になりました。

さて、現在外構工事中です。

二階にあるドアの正体がついに明かされます。

 

 

次へ

施主の本音

T邸のハナレ

所在地:兵庫県三田市

主要構造:木造在来工法2階建て 古材再利用

設計・施工:(株)建築士事務所 民家

竣工:

工期:

敷地面積:

建坪:32㎡ (10坪)

延べ床面積:64㎡ (20坪)

建物本体工事費用:

本体工事以外に要した費用: