WORKS事例紹介

和モダンに暮らす家

計画中

色々な土地をご一緒に見て回り、土地探しを始めてから数年。

巡り合った土地は、以外にも住み慣れた自宅の近所にある敷地でした。

早速現調を開始。

道路との高低差はあるものの、車2台分の駐車スペースも難なく確保できる好条件。

ご要望書は、隅々まで希望が書き加えられ夢いっぱい。

全部実現するには家が敷地に対して大きくなり過ぎそう。

そんな時はまず、ボリューム模型で確認してもらいます。

平屋建てだとお庭が無くなってしまいそうですね。

駐車場も縦に一列は使いにくいですよね~

隣地との高低差も気になりますね。

上手に面積を節約してご希望の平屋でプランしてみましょう。

隣地の窓を考えながら、駐車場は高低差の少ないところへ。

リビングは南面に向かってお庭も欲しいなぁ。。。

プランご提案前にお施主さんが事務所へ来てくれました。

今こんな感じでプランしているんですがどうですか?

「とってもいいと思うんですが、実は鬼門が気になっていて。」

おっとこれは大変、難しい方の鬼門ですね。(鬼門も様々あり、間取りへの制約も強弱あります。)

「あと、やっぱり二階建ても考えています。」

ではこのプランを元に鬼門に合った間取りを提案させて頂きますね!

二階建ても考えてみましょう!

水廻りを移動させて、玄関の位置をチェック。

水廻りの導線を確保して。。。

出来ました2ndプラン。

二階建てと平屋建ての2プランです。

二階建ては明り取りの窓がアクセントになって、和モダンの印象を強調してくれます。

平屋建ては、屋根のラインが伸びやかですね。

図面と模型をにらめっこして、今回は平屋で建築することに。

早速概算お見積りを作成して予算を練り練り。

開口部の仕様を決定しながら、丁寧に外観も修正して行きます。

お庭のイメージも検討しながら進めて行きましょう。

内装の家具のデザインも固まってきました。

キッチンとリビング、ダイニングが一体となって、広々した空間が気持ちよさそう。

造作家具で作った収納は、お手持ちのキッチン用品がぴったり納まる様に設計されています。

外観も内部のデザインも納得頂き、ついに施工が始まります。

次へ

建設中

冬の寒さも和らいで、ちょっぴり春を感じるようになったころ、ついに施工がスタートしました。

まずは、地面に実物大の建物の大きさを書き写し、建物の位置や大きさを確認してもらいます。(地縄張り)

30坪の平屋はやっぱり大きく感じますね。

今回の敷地は造成された宅地です。敷地の中も平たくて前面道路も広い。

地盤も丈夫で、家を建てるにはとても条件の良い土地でした。

地縄張りが完了すれば、地鎮祭です。

小雨の降る中地鎮祭が始まりました。雨降って地固まるですね。

想いを一つにして、工事の安全を土地神様にお願いします。

早速基礎工事が始まりました。

今回は長期優良住宅でもあるので、標準でも丈夫に設計している基礎もとびきり丈夫です。

丈夫な基礎を見て、ご近所さんからビルが建つの?と聞かれました。

まさかまさか、平屋なんですよー。

施工精度も抜群。緻密に組まれた鉄筋の網の上でお肉が焼けそうです。

コンクリートを打設して、しっかり養生して綺麗に基礎が上がりました。

上棟が待ち遠しいです。

現場にクレーン車と構造材が運び込まれてきました。

木材の帯には、高知県梼原材の証とFSC認定を受けている事が記載されています。

環境負荷と林業の持続性を考えられて育てられた国産材です。

一気に建物の形が組みあがって行きます。

午後には棟も上がり、辺りには木の香りが漂っています。

骨太な構造が通行人の目を引きます。

午後からは上棟式を行いました。

コロナの景況もあり、ひっそりと。

大工さんや職人さんの紹介を行い、四隅にお酒とお塩を撒いて、今後の工事の安全を願います。

棟上げの日の内に、屋根垂木まで綺麗に並んでいました。

荷重や地震、風の力を伝達するために理路整然と並ぶ木軸の構造、これを機能美と呼ぶんでしょうね。

工事はまだまだ続きます!

次へ

完成

次へ

施主の本音

H邸

所在地:大阪府豊能郡豊能町

主要構造:木造在来工法

設計・施工:(株)建築士事務所 民家

竣工:

工期:4ヵ月

敷地面積:235.6㎡ (73坪)

建坪:99.5㎡ (30坪)

延べ床面積:9.5㎡ (30坪)

建物本体工事費用:

本体工事以外に要した費用: