WORKS事例紹介

感じる光と風、広く自然がいっぱい

計画中

次へ

建設中

次へ

完成


 
阪急沿線の人気エリアから徒歩圏にある静かな住宅街。
築40年の社宅だったという住宅を買い上げ、建て替えをされました。
 
アプローチを抜け玄関のドアを開け一歩足を踏み入れると、東面いっぱいにとった窓から差し込む光がリビングを明るくし、
吹き抜けにかかる斜め廊下に圧倒されます。
リビングやダイニングには30ミリ厚の杉の床板を使い、壁には調湿といやな臭いを吸収分解する塗り壁材「そよかぜ」を使いました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次へ

施主の本音

s-FH000025
 
阪急沿線の人気のエリアから徒歩圏にある静かな住宅街。

今回ご紹介するT邸はできたてほやほや(!?)の新築のお住まいです。
シンプルな外観とはうらはらに、ドアを開けてびっくり。目の前をさえぎるものがないというか、木をふんだんに使った明るいリビングが広がり、ギャップの大きさに驚かされます。
「リビングは家族がくつろぐ場だから、広さにはこだわりました。フローリングのスギの香りが気持ちいいですね。」とTさん。築40年の社宅だったという住宅を買い上げ、この機会に建て替えを決意。
「箱みたいに区切られた昔の間取りだったので、敷地のわりには家のなかは窮屈。使いづらかったんです。」

 

その後、Tさんは住宅展示場を訪ね歩かれました。
「いろいろな家を見て、だいたいのプランが固まりました。工務店はどこがいいのかわからなかったので、展示場のハウスメーカー2社に相談したんです。しかし、S社は値段が高い。T社は担当者があれこれと急かすため、リズムが合わずボツ。そんなとき、木の家がいいよという話を耳にし、民家さんともう一つの工務店が候補になったんです。結果的に民家さんにお願いすることになったのは、ていねいな対応と会社の雰囲気。提案いただいた間取りもよかったですね。他方は、子どもたち全員を連れてそこの家の見学会に参加したんですが、子どもたちが『担当者の態度がどうも…』って言うんです。よく見ているなと感心しました」

 

FH000017
 
今年の3月には古家を解体し、工事が始まりました。「リビングは広いだけでなく、光と風を感じる自然いっぱいの空間になりました。天気のいいときは、電灯なしでも十分明るいですね。掃除がしやすく手入れのラクな住まいにしたいとか、細かいリクエストに応え、うまく設計していただいたと思います。主人がリクエストしたのはたったひとつ、陽の当たる明るいお風呂なんですよ(笑)」

 
取材に伺ったときは、入居されて1週間ほど。住み心地はいかがですか。
 
「ペンションに遊びに来ているような…まだ自宅の実感はありません(笑)。できあがりには大満足ですね。ひとつ注文をいえば、外構などの費用があとになってわかったので、家にかかる総予算を早い段階でわかれば、心づもりができたように思います。今後、この住まいを大切に、気持ちよく暮らしていきたいと思っています。屋根面をフル活用したソーラーパネルは主人の会社の製品なので、どれだけ節電できるか、それも楽しみにしています」

T邸

所在地:兵庫県西宮市

主要構造:木造2階建て

設計・施工:(株)建築士事務所民家

竣工:平成24年8月

工期:約5ケ月

敷地面積:154.8㎡

建坪:24.7坪

延べ床面積:131.50㎡

建物本体工事費用:

本体工事以外に要する費用: