DIARY現場日記

汗いっぱいの板張り

2016.08.24カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川です。

 

先週末、「板張りセミナー」を開催しました。

まずは2階事務所にて、木のお話を聞いていただきつつ、

一息いれていただきました。(来るだけで汗だくですもん。。)

 

 

「スギとヒノキ、どちらがお好きですか?」の質問にやっぱりヒノキとみなさんの答え。

そうですね、香りが好きです、私も。水に強いし。まな板もヒノキを愛用中。

 

でも、住宅の床に使うならスギがお薦めですよ。と代表。

なぜならスギには気孔(穴)がいっぱいあって傷がつきやすい分、転んでも痛くないから。

調湿性能にすぐれていて、梅雨時期には湿気を吸収してくれ、

冬の暖房時など部屋が乾燥するとその水分を吐き出してくれるんです。

なんてかしこい!

ちなみに協会の事務所の床はスギの30ミリです。

足触りいいですよ!

 

 

お話がすんだところで、いよいよ板張りを。

民家のKさんにバトンタッチ!

 

 

電動ノコと普通ののこぎりと両方使っていただきました。

私もはじめて教えてもらって使ってみました。う~ん、ノコギリでギコギコ自分でカット

するのもいいけど、キレイに速く仕上がるのは魅力的ですね。

 

ひと通り説明しながら実践していただきました。

みなさん、慣れてくるとスピードアップ。

感覚でつかんでいかれるようです。

 

さすがにこの暑さで、小1時間ほどで板張り作業は終了です!

 

暑い中本当にお疲れ様でした!

次回はまた季候の良い時に。。。

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ