DIARY現場日記

トイレが詰まりました。

2016.08.01カテゴリー: 未分類

こんにちわ、矢野です。

 

ブログのタイトル通りで

これはトイレの排水が詰まったお話でございます。
そのため、お食事中にはお読みいただくのを

お控え頂きたい表現が含まれます。

 

画像は全く関係のない過去にブログに上げ損ねたりしたものを貼ったりしています。

 

その辺をご配慮頂きますよう、

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

言い訳も終わりましたところで、

先週金曜日仕事から帰宅しますと、飼い犬が粗相をしていました。

(画像は今年の夙川公園の桜)

 

しかもでっかいほう、しかもなんか踏まれまくってる。

(神戸森林植物園のアジサイ)

 

ノーガード状態で食らったハードパンチに、

思わず膝から崩れましたorz

 

仕事の疲れを引きずりながら、床に這いつくばり
あらかた片付け終わったところに、

見計らったかのタイミングで主人が帰宅。

「大変やったな~」と他人ごとなねぎらいにイラっと来て、
使用した大量のトイレットペーパーをそのままトイレに廃棄。

これが全ての発端でした。。。

(阿波市 阿波の土柱 130万年前に礫層が浸食されて出来たもの)

 

深夜、トイレに起きた主人に
「トイレが詰まってる、ラバーカップどこにある?」
と起こされ、しまったと思うも時すでに遅し状態でした。

ラバーカップで、カッポンするも
流れる様子がまるで無いので、諦めて朝まで放置。

(阿波の土柱 アップ画像)

 

翌朝 もしかしたら時間が解決してくれたんじゃないかって
浅はかな期待を持ちつつ、勇気を出して流してみたところ、
もりもり水面は上り、ついには便座も決壊し見事に床にドバーーーー。。

(↑軽井沢の白糸の滝)

 

ここでやっと気が付いたのですが、ラバーカップ(通称スッポン)は
通常の らっぱ口モードではなく、


トイレは、おちょぼ口モードにして使うとのこと、

 

さっそくおちょぼでリトライするも、またもや無残にダム決壊。。

あ、もしかして高圧洗浄機を突っ込んだら行けるんじゃ?

早速ケルヒャー先生をセットしスイッチオンするも

なぜか無反応、まさかの故障。。マジですか。。

(↑森村泰昌画伯の個展にて)

 

もう、業者さんに頼まないとダメかな、
と思いながらもダメもとヤケクソで、

パイプ洗浄液を大量にトイレにドボン。

 

しばらく放置し再びカッポンしてみると。。

 

な・・・

流れた~~~~!!!!

格闘すること約半日、やっと解放されました。

 

もとの発端はコイツの粗相ですが

 

さらに元をたどると、早起きして頭を洗う予定が
普通の時間に起きてしまったため、
犬の散歩を短縮した私のせいでした。猛省。

 

ちなみに、詰まったものがトイレットペーパーなどであれば

ラバーカップは有効ですが、

それ以外あれば、諦めて業者さんを呼ぶことになるようです。

 

ほんっっと、気を付けます!!

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ