DIARY現場日記

柿渋の里をたずねて

2018.04.19カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日、久しぶりの日帰りバスツアーを開催

しました。昨年は高知以外にバスツアーを組めなか

ったので、約2年ぶりです。

 

 

京都府南山城にある柿渋の製造・販売をおこなって

いるトミヤマさんを訪ね、柿渋の染色体験を。

 

詳しい内容はこちら代表のブログを↓。

国産材住宅推進協会 代表ブログ

お茶漬け白書

 

もちろんお客様と一緒にスタッフのわれらもストー

ルやショールを購入し柿渋染めに挑戦しました。

矢野さんはべんがらをまぜて、ボルドー色にもチャ

レンジ!

 

 

べんがらもいろんな色味があり、何度染めるかによ

って濃淡がつきます。

 

 

写真右側が柿渋のみ。グレーっぽいのから左側がべ

んがらを混ぜています。べんがら自体に吸着性がな

いので、柿渋と混ぜることで色が入るそうです。

 

柿渋って、青い未熟の渋柿を潰し、圧搾し出来たそ

の果汁を発酵させてつくられるのですが、その渋柿

に多く含まれる「タンニン」が、柿渋の主な成分に

なり、このタンニンが防虫、防水、防腐、抗菌効果

などの威力を発揮してくれる優れものだそうです。

 

栗やミモザなどにも多く含まれ、色が変わるものは

ほぼこのタンニンの仕業だとか。

でもそのせいで虫がつきにくいんですって。

ちなみに柿渋のくさい臭いは、発酵臭だそうです。

現在では自然発酵は少なく、酵母発酵がほとんどで、

酵母の種類により「くさくない柿渋」も今では多く

作られています。

 

昔からなぜか茶畑のそばには渋柿の木が多くあった

らしく、だからこそお茶の産地である南山城で柿渋

が作られていたんですね。

 

このタンニンはポリフェノールの一種で柿の渋さは

タンニンからきているそうです。

この成分を生かし、最近開発された新製品がこちら

↓。

 

 

口臭予防と、二日酔いに効くと聞き、矢野さんと私

が即座に購入したことは言うまでもありません。

 

「これでいつでも行けますね!!」

二日酔いに効くって、飲む前?飲んだ翌日?いつ飲

むといいのか聞くの忘れた(^_^;)

 

マツモトキヨシなどの薬局で売ってるとか。

ぜひ一度お試しください。。

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ