DIARY現場日記

大和郡山を散策

2018.04.09カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川です。

土曜日辺りからなんだか肌寒い日が続いてますね。

体調崩されてませんか。

 

昨日は娘のたっての希望で、奈良の町屋物語館の見

学に出かけてきました。

 

 

なんで急に?って訊ねたら、

「ツイッタ―に載ってるのみたら、行きたくなって

ん」って。

 

 

ボランティアガイドの方にも「今日はどうして?」

と訊ねられていた娘。

『若い人はみんなSNSからやねん。年配の人は新

聞で見た、って人が多いけど。』

ふーん、開催側がいいですよ!って言うより、行っ

た人がよかった~!って言う方が行こうって気にな

るようです。

 

(これはガス燈だそうです)

 

奈良県大和郡山市にある町家物語館は大正13年に建

てられた当時では珍しい木造3階建てで遊郭として

一世を風靡したそうです。

昭和33年に廃業後は、下宿となり近くにある郡山

高校の学生が多く利用していたそうです。

平成26年に登録有形文化財となり、「旧川本家住

宅」として今年の1月より一般公開されることに。

当時住んでいた方が懐かしいと訪れて来られるとか。

 

 

2階、3階は中庭を囲むように3畳の客間が並んで

おり、廊下は日が射しこんで明るいです。

 

 

洗面所も時代をかんじますね~

 

 

『結核予防デー』って書いてあるようです。

右から書いてある~

 

 

矢野さんが見たら喜びそう!

 

 

床の間のこの板はけやきの1枚物だそうです。

お金持ちだったんだろうとガイドさんはおっしゃっ

ていました。

 

 

この大階段、雛祭りの時にはたくさんのひな人形が

ズラ~!と並べられるそうです。

各部屋にもひな人形が並べられ2月末と3月始め

の2週間はとても賑やかになるとか。

次回はぜひその頃に訪れてみたいですね、

 

 

1階の大広間から中庭を覗いた景色が素敵で、

ここにずっと座っていたい気持ちになります。

 

ガイドの方に勧められ、今話題の金魚電話ボックス

をみて帰ることに。

 

 

ほんとに金魚が泳いでる~!!

あとでパンフレット見たら『金魚が泳ぐ城下町』っ

て書いてありました。

だからか・・・

ちょうどこの日まで、お城まつりが開催されていて

パレードの流れでか結構な人が見に来ていました。

若い子が多いのはやっぱりSNSのせい??

恐るべし、、、

 

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ