DIARY現場日記

三和土(たたき)の実演と塗り方教室

2017.08.28カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川です。

 

土曜日に、三和土(たたき)の実演と塗り方教室を開催しました。

いつもお世話になっている、井上左官さんと地球環境技術研究所の藤さんに

今回も来ていただきました。

 

最近、古民家のリフォームなどで玄関に施工し見学会でもお目にかかる機会が

増えている「三和土」がどのようにしてできるのか勉強させてもらいました。

 

 

まずは、地球環境さんが舗装用に施工しやすく開発された「舗装の土」を

実演してもらい「たたき」と比べてみることに。

調合された土を敷き込み、ジョウロなどで水を撒きコテで押さえていくだけです。

施工しやすいように工夫されています。

 

特徴など詳しくはこちらをごらんください。↓

協会HP自然素材商品「舗装の土」

 

 

一方たたきは、真砂土、石灰、にがりを混ぜてつくります。

それぞれの配合や混ぜ具合など難しく、攪拌機で混ぜるものの

なかなか力がいって大変のようです。

 

(角度が悪くうまく写せてなくてスミマセン!)

 

 

 

敷き込んだあと、角材で叩きしめています。

あまり水分が多いと叩いた後に水が浮いてきてしまうそうです。

これでも水分がちょっと多かったと言っておられました。

それぞれの配合が難しそうです。

 

 

コテで表面を綺麗にならして完成です。

完全に乾くまでには随分日数がかかるようです。

たったこれだけのスペースでもかなり大変そうでした。

実際に施工するとなると、大変な時間と労力がかかりそうですね。

 

たたきには細かい穴(気孔)がたくさんあるため

音を吸収する性質があり、また湿度調整力が高いそうです。

古民家の土間に入ったとき、夏でもなんかひんやりした感じがするのは

そんな性質のためかもしれませんね。

これから三和土を見る目がかわりそうです。

 

後半戦は塗り方教室です。

地球環境さんが開発されたシックイベースの「微風」を塗っていただきました。

 

 

まずは下塗りを薄く塗っていただき

 

 

上塗りにチャレンジです。

 

 

最初はコテの使い方にとまどっておられるのですが、

次第にどんどん慣れていかれるんですよね。

 

 

井上さんから、すみっこの仕上げについてコテの使い方を

詳しく教えてもらい、ぐっと仕上がりがよくなって・・・

 

 

どうですか?

いい感じに出来上がりました。徳島から来られたKさまは

ご自宅のDIYにチャレンジしてみたいとのこと。

ぜひ、がんばってください!

 

ご参加いただいたみなさま、井上左官さん、藤さん

暑い中ほんとうにありがとうございました!

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ