DIARY現場日記

コープ自然派 木のある暮らしの提案  講演会が開催されました

2019.09.17カテゴリー: 未分類

こんにちわ、矢野です。

 

先週末の土曜日、

先日の柳川さんのブログの記事にあります

大阪ドーンセンターにて講演会が開催されました。

 

ドーンセンターってなかなかインパクトのある名前ですよね、

ドーンて、おかげで即行覚えました。

 

それはさておき、講演前の準備中

コープ自然派さんのブースのセンターで盛り上がる中津氏。

相変わらずのコミュニケーション能力です。

 

コミュニケーション能力に加えて、

話術のスキルも併せ持つわが社の代表。

沢山の人を前に台本も見ずに流暢に話をしています。

森林面積の70%近くが民有林で

私有林においては親の代からの相続が多く、

自分の山がどこまでかの範囲か分からない人も多いのだとか、

そんな状態に加え、コストの高さもあり

なかなか管理が行き届かないとのこと。

国産材を使い、循環を促すことの必要性を改めて感じました。

 

また、今回のテーマとなっている木のある暮らしについて、

実例とともに取り入れ方を見て頂きました。

写真を撮り忘れたのでお恥ずかしながら、我が家をちょびっとご紹介です。

杉のフロア材で作ってもらった棚板です。

無垢材が部屋にちょびっとあるだけで心が癒され

自然と毎日眺めております。

 

そして昨年 新築をされたH様に

実体験をもとにお話をして頂きました。

打合せ段階から私も参加させて頂いていたので、

当時を振り返りながらお話に聞き入っておりました。

実体験を通してのお話は、これから家づくりを考えている人にとって

何より参考になったことと思います。

 

H様、この度は本当にありがとうございました!

あと、ブログも見て頂いてありがとうございます(笑)

アルコールでも嗜みながら、またお話し聞かせてください!

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ