WORKS事例紹介

気軽にお客さまをお招きできる家に

計画中

次へ

建設中

次へ

完成

空き家になっていた築35年の建売住宅のリフォームです。
このリフォームの一番の課題は、キッチンとリビングを遮るように設置されていた急勾配の階段。部屋数を多く取るという昭和40年代の住宅に見られる典型的なスタイルです。
 
勾配をゆるやかにし、庭からの光を差し込むようにと、階段をリビングの端に寄せ、問題を解決。床は15㎜の杉板に張替えました。そうしたことで杉が陽だまりを吸収し、暖かく、そしてすっきりとした開放的なリビングに生まれ変わりました。
2階の床も杉板を張り、広々とした使いやすい収納スペースも設けました。
 

次へ

施主の本音

気軽にお客様をお招きできる家が理想でした。
お友達やきょうだいとの交流を楽しめる心地いい暮らしをつくっていきたいと思います。

T邸

所在地:兵庫県尼崎市

主要構造:

設計・施工:

竣工:

工期:

敷地面積:

建坪:

延べ床面積:

建物本体工事費用:

本体工事以外に要する費用: