WORKS事例紹介

夢だった「桧の床板」

計画中

次へ

建設中

次へ

完成

築30年を経過したマンションの一室。今の生活スタイルに合わない和室の多い間取りを一新しました。
 
明るい窓際を占拠していた2室の和室とDKを一つにし、キッチンは奥様のご希望だった対面式のキッチンに。そうすることで、部屋全体に日が射す明るい空間に生まれ変わり、ご家族の団欒にぴったりの大きなLDKになりました。
 
できるだけ仕切り壁を設けない設計にし、パーチカルブラインドも活用しました。ほぼ全面に低温床暖房を設置。床材は台形集成の桧を使用しています。
 

次へ

施主の本音

桧の質感や色が好きなんです。木の節も可愛いし。
でも、どの業者に相談しても『桧は高価な上、マンションリフォームに自然素材を使うのは難しい』と言われて…
諦めた時もありましたが、実現できて本当に良かったです。
 

F邸

所在地:大阪府吹田市

主要構造:

設計・施工:

竣工:

工期:

敷地面積:

建坪:

延べ床面積:

建物本体工事費用:

本体工事以外に要する費用: