WORKS事例紹介

「素材」と「和」にこだわった住まい

計画中

次へ

建設中

次へ

完成

構造材は高知嶺北の「規格材」。
木を計画的に伐採・製材でき、山のサイクルを後押しする規格材です。

そして土壁は、調湿作用に優れ、断熱効果も高い土を活用。何年も寝かせた粘りの強い土を幾重にも塗り重ねて完成しました。

玄関ホールに、掘りごたつの和室の縁側・・・

随所に縁の映える窓を設置し、目線を上手に通して、広がりを感じさせる工夫が見られます。

次へ

施主の本音

家を造るなら漆喰や土壁で…と、最初から思っていました。大袈裟かなと思っていた庭も、住んでみるとやっぱり良いですね。雪が積もった時なんて、本当に綺麗でした。仕事を終えて自宅に帰るのが楽しみになりました。

T邸

所在地:大阪府豊中市

主要構造:木造二階土壁造

設計・施工:(株)建築士事務所民家

竣工:平成20年4月

工期:約7ケ月

敷地面積:110.47㎡

建坪:16.93坪

延べ床面積:102.60㎡

建物本体工事費用:

本体工事以外に要する費用: