DIARY現場日記

事務所にエコカラット貼ってみました。

2024.06.20カテゴリー: 事務所便り

こんにちわ、お久しぶりです矢野です。

 

先日LIXILの営業さんがいらしゃいまして、「事務所にエコカラット貼りませんか」とご提案を受けました。

しかも材料費タダで。なぜこんな大判振る舞いしてくださるのかというと、

エコカラット知り、経験し、アピールして欲しいというお気持ちのようでした。

施工範囲は2㎡以内で・・・と言われたものの、ダメもとで倍の4㎡お願いしたら意外と了承もらえました。

 

そして施工日当日。LIXILの企画の人まで来てくださり、ご指導のもと

まずは施工範囲のクロスをはぎます。

 

範囲を決めて、最初に貼る位置を墨出ししたのち、

接着用下地材を塗った壁からエコカラットを貼っていきます。

この下地材、硬くて伸びなくて塗るのがなかなか難しいのですが、

中津氏が初めてとは思えない程こなれた手つきで塗っております。まぁ予想はしてたけど。

カットを要する下の部分にはエコカラットは貼らない予定でした。

なぜなら割れやすくて素人がカットするのは難しいから。

そう聞くと施工魂に火が付いた中津氏がカットにトライ。

するもパリーン。

パイセンの仇を取るべく吉永氏がトライするも

苦笑いのパリーン。

ラスボスにバトンタッチ。

見事にキム・ソンイ、じゃなくてナイスカット決めてくれました。

そんな感じで、仕上がった壁はこちら

本物の石っぽくて良い感じ。

余った材を置いて行ってくださったので、時間がある時にもう少し貼り伸ばす予定です。

 

ちなみにトイレにはエコカラットデザインパネルというものも貼りました。

こちらは女性陣が施工。マグネットシートをタッカーで留めてその上から

マグネット付きのパネルをくっつけるだけだから超簡単。

休み明けは毎度排水の匂いが上がってくるので、それも解消できればと期待値大。

 

「ええやん、オシャレになったやん」と称賛しあっているところに代表が帰って来て

「それもええけどあんたらここがどういう物を扱ってる会社か分かってるやろな」と、軽く釘刺されました。

 

はい。自然素材です。楽しかったです!!