DIARY現場日記

楽しい塗壁教室と会議室塗装のその後

2014.05.28カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川ですニコッ
今日は朝から陽射しがきつく、暑い大阪市内です。
先週の土曜日の午後、協会事務所1階にて塗壁教室を行いました。
参加者は4名でしたが、外国人の方が初参加でいらっしゃり、
和気あいあいと楽しいセミナーとなりました。

まずは塗壁材の「微風」を水で溶かします。
前日下地を水で溶かした際は、木っ端で混ぜていたので
ダマダマがたくさん出来て溶かすのが大変でしたが、
写真のように攪拌機があれば、綺麗に混ぜることができます。
この差はスゴイ!!

次は養生テープを貼っていきます。
この下準備をきっちりするかしないかで、出来上がりが
全然違うそうです。ここは大事!と井上左官さんも
声が大きくなります。

「微風」には専用の「ガニックS下地材」というのを
やはり水で溶かし薄く塗っていきます。
こちらは、すぐに乾いてくるので手早く塗ります。
少々下地(写真はプラスターボード)が見えていても
上から塗っていくので大丈夫!
端からコテの先を上手に使って塗っていく姿は
さずがプロ!なかなかこうはいきません。

でも、外国人の方も慣れた手つきでスマートに塗っていかれます。
スタッフも参加者の皆さんも、お~早い!うまい!と
見惚れてしまいました。


コテで塗った後に、写真のような(こちらはスタイロフォーム
という断熱材です)スポンジや「激落ちくん」とかのメラミンスポンジ
などでス~ッと優しくなでるとまた違った味のある仕上がりに
なるそうです。
塗り壁体験後は地球環境の藤さんが差し入れしてくださった
ロールケーキでコーヒーブレイクです。
みなさんお疲れさまでした!
さて、セミナー終了後、設計の髙野さん、北山さんと2階の会議室の一面に
仕上げの微風を塗りました。
【直後】

【2日後】

【3日後】

ちょっとずつ白くなってきているのがわかりますか?
(3日目の写真はちょっと暗いからわかりにくいですね…)
塗った時はベージュ?!と思うほどでしたが、
日にちが立つにつれて、白く落ち着いてきました。
三人三様の個性が光る仕上がりになっております。
ご興味のある方はぜひ、事務所へ遊びにいらしてください。
※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の
「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ