DIARY現場日記

軽井沢の万平ホテル

2016.07.12カテゴリー: 未分類

こんにちは、矢野です。
 

以前「風立ちぬ」の映画を見て以来、軽井沢へと行きたくなり、

先日ついに一泊弾丸旅行に行ってまいりました。

 

片道車で7時間の長距離ドライブの果てに

たどり着いた目的地は「万平ホテル」です。

 

万平ホテルの歴史は古く、起源は1764年までさかのぼるとのこと、

この建物は1936年に建てられました。

木造3階建 近代化産業遺産に登録されています。

 

設計は久米権九郎(くめごんくろう1895-1965)

「建築はその土地に生えたものでなくてはならない」
という信念のもと、信州の街並みをヒントにし、
このホテルをハーフティンバー風の外観にしたそうです。

 

ドイツで建築を学んだためでしょうか、
緩やかな勾配屋根にヨーロッパの風合いも感じます。

 

外観の可愛らしさに変わり、ロビーは
重厚でクラシカルな雰囲気です。

 

 

 

 

アルプス館のレトロなお部屋に宿泊。
建築時の原型そのままに残されています。

 

 

 

 

備え付けの軽井沢彫りの家具。

 

ちなみに128号室はジョンレノンが

愛用したお部屋だそうで。

 

私が泊まったのは129号室。

このちょっとの差がかなりデカいです。

128号室は広いし高いし人気だしで

手が出ませんでした;

 

大食堂は見事な格天井、厳粛な雰囲気が漂っています。

 

 

 

 

 

ダイエット中なのを完全忘れてデザートまで

がっつり頂きました。ワインも4杯頂きました。

おかげで料理の名前もすっかり忘れました!

 

酔い酔い気分でホテル内の資料館へ、

田中角栄元首相が座ったソファ

明らかに右のソファのへたりが激しく、

いろんな人に座られた感がすごいです。

 

 

ジョンレノンが弾いたピアノ

 

建物と食事に癒され大変満喫した一日となりました。

 

いつの日かシーズンオフのお安めの時に、

128号室を狙いたいなと密かに思っています。

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ