DIARY現場日記

三田のリフォーム見学会

2017.05.23カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川です。

なんだか一気に夏のような暑さですね~

 

日曜日もそんな暑さの中、三田市にて2月にリフォームされたM様邸の

見学会を開催させていただきました。

 

 

お子さんがそれぞれ独立され、ご夫婦だけの生活になり

暮らしやすい住まいにと、床を全てスギ板に張り替え

建具も使いやすい引き戸に変えました。

造り付けの家具の扉も、サクラの木で新しく造り替えました。

(写真左)

 

奥さまは、家具の扉がずっと気に入らず、

予算の関係でどうしようか悩んでいたところ、お子さんたちが

「僕たちが出してあげるからお母さんの好きにしていいよ。」と

言ってくれたそうです。

とってもにこやかにお話しされていた奥さま。

親としては嬉しいですよね~

 

ご主人様は、特に和室の押し入れをなくし、北側の洋室との壁を

取り外したことで、「風が流れるようになって気持ちいいんですよ!」と

おっしゃっていました。

 

 

ウォークインクローゼットはすっきりと整頓され、

扉を開放することで、風が通り湿気もこもらず、

「これはいいですね~」と参加者の方も気に入っておられたようです。

 

 

寝室の壁には、うっすらピンク色のそよかぜ(塗り壁)が。

この色のそよかぜを見るのは初めてでしたが、

とてもあたたかい感じで素敵でした。

 

 

玄関には、白の紫陽花が可愛らしくみんなを出迎えてくれています。

色のセンスや小物使いなど、とても勉強になりました。

 

 

参加者の方から、

「荷物が少なくとても片づいておられるんですが、

物は捨てられる方ですか?」とのご質問が。

 

「そうですね、捨てられる方です。子どもたちが出て行く時にも

荷物は全部持って行って、と頼みました。」と奥さま。

 

だから、どの部屋も荷物が少なくスッキリしているんですね。

参加者のみなさんが一応に頷いておられました。

 

Mさま、おいしいお茶を御馳走さまでした。

お休みの日に本当にありがとうございました。

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ