DIARY現場日記

築80年 土壁古民家リノベーション見学会が開催されました

2017.03.21カテゴリー: 未分類

こんちわ、矢野です。

 

連休は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか、

3月20日は柳川さんのお誕生日で、代表よりお祝いのケーキが振舞われました。

大人になってケーキを囲んでお祝いするのって祝う方も祝われる方もなんだか照れてしまいますね///

改めまして柳川さんお誕生日おめでとうございます!どうぞこれからもお元気でお過ごしください^^!

 

さて、連休の初日の18日  築80年の古民家Y様邸の見学会が開催されました。

着工中なかなか伺うことが出来ず、完成したのを拝見するのは私も今回が初めてです。

愛猫のあおちゃん、久しぶり~~

一部分だけおさらいを、

キッチンのbefore

 after

リビングのbefore

after

洗面脱衣室のafter

トイレのafter

とても明るい空間になりました。

 

河内長野市で少し遠方なこともあり、来ていただけるかの不安が若干あったのですが、

そんな心配どこへやら、沢山の方がご参加くださいました!

 

今回ご質問が多かったのは改修後の温熱環境についてでした。

古民家をお持ちの方もおられて冬の寒さ対策については共通のお悩みのようです。

Y様邸では複層サッシで入替 内窓取付を行い、

断熱材に発泡ウレタン(アイシネン)とロックウールを採用しています。

ちょうどアイシネンの担当者さんが来られてたので詳しくご説明頂きました。

伝統の持ち味を損なわず機能性 耐久性を高めることが可能であれば、

古民家に住むことに対する敷居もぐんと下がると思います。

今回の見学会が、そのことに触れる機会になりましたら幸いです。

 

今回 遠方からもたくさんの方にご参加頂きました。

ご参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

そしてY様、本当に本当にありがとうございました!

 

そしてそして、お客様のお見送り お出迎えと多岐に渡りご尽力頂きました あお様、本当に本当にありがとうございました!

\やっとのんびり出来るわ・・/

 

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ