WORKS事例紹介

故郷の山の木を生かした住まい

計画中

次へ

建設中

次へ

完成

お施主さんのお母様が大分県で大事に育てた木々。
「想いのつまった木を使いたい!」との願いがこの住まい造りの始まりでした。
 
加工は全てお施主さんの幼馴染の大工さんの手加工。金輪継ぎや台持継ぎなど、伝統的な継ぎ手や仕口に加え、基礎に柱を落とし込む工法や差鴨居工法などを採用し、ダイナミックに、職人の技が生きる住まいになりました。
 

次へ

施主の本音

大分の山で見た、母が植えた木がそのままここでも生きている、そんな感じがします。

T邸

所在地:奈良県生駒郡

主要構造:木造二階建て

設計・施工:(株)建築士事務所民家

竣工:平成17年3月

工期:約7ケ月

敷地面積:165.13㎡

建坪:21.13坪

延べ床面積:121.18㎡

建物本体工事費用:

本体工事以外に要する費用: