WORKS事例紹介

安心安全なもので住まいを

計画中

次へ

建設中

次へ

完成


 
条件の合う土地がなかなかみつからず、中古住宅の改装も視野に入れ探し始めて2年目を迎えた頃、
毎日自転車で通る道沿いに好条件の土地がみつかりました。
 
 しかし、昭和16年に施行された建築線規制により、道路中心後退が求められ、建築面積が5坪も減少し敷地は18坪になりました。
それでも何とか機能的で家事動線に無駄のない間取りで、奥さまの要望をほぼ取り入れた延べ床面積25坪の2階建てのプランに収めることができました。
 2階にお風呂、洗面所、トイレを配置し、大小の居室と勾配天井を活かしてロフトを作り、収納スペースを確保しました。
1階、2階ともに床はすべてむくのスギ板、壁はエコクロスを基本とし、リビングの一部と玄関に塗り壁の『微風(そよかぜ)』を施工しました。
 奥さまの一番の希望であった、1階のリビングに家族が集う理想の住まいが完成しました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

次へ

施主の本音

最寄り駅から歩いていると、木の軒天井のお住まいが…「きっと、ここ」。そう確信して近づくと施主さんであるHさんが出迎えてくださった。今年2月に建ったばかり、初々しさを感じつつも、すっかり街並みに馴染んでいる。

 


 
「夫婦とも身の回りの素材にこだわるほう。食べ物はもちろん、住まいも安心安全なもので建てたいと思っていました。コープ自然派を通じて国産材の家に興味をもって、自分たちの手には届かないだろうと思いつつ、ダメもとで民家さんに相談したんです。するとコンパクトな家づくりであれば実現できそうとわかり、希望するエリアで物件を探しました。ようやく手ごろな土地が見つかったものの、セットバックしたら敷地は18坪…理想の住まいが建てられるのか、悩みましたね。この広さだと普通、3階建てになりますが、なんとか2階建てで設計をお願いしました」

 


 
1階はリビングダイニングとトイレ、大きめの収納スペース、デスクファニチャー(造り付けの机)。2階に風呂と洗面所・トイレを設置し、大小の居室とロフト(収納スペースとしての)。機能的で家事動線に無駄のない間取りが実現した。
 
「コスト削減の工夫もずいぶんお願いしましたが、大きな窓や丸太の通し柱、玄関とリビングの仕切りのガラス戸などについては、費用はかかったものの諦めないでよかったなと思います。床はすべてむくのスギ板、壁はエコクロス。リビングの一部と玄関に塗り壁の[そよかぜ」を施工。最近、焼き餃子をしたんですが、翌朝部屋にニオイが残っておらず、びっくり。呼吸する壁のすごさを実感しましたね。」

 


 
建築中、ほぼ毎日現場を見学されたという。
 
「子どもの通園ルートでしたから(笑)。家ができていく過程を親子で見ることができ、いい経験になりました。子どもが『今日、棟梁元気ないね』と言うので尋ねると風邪をひいておられたようで、子どもながらよく見ているなと驚きました」
 
家族がリビングに集まり、仲良く暮らしていくことがHさんの願い。「憧れの国産材の家を建てることができ、幸せです。家は人生で一番高い買い物なので妥協しないでよかったです。スギの床はいい感じに変わっていくと聞いているので、経年変化が楽しみです」

H邸

所在地:堺市北区

主要構造:木造2階建て

設計・施工:(株)建築士事務所民家

竣工:平成31年2月

工期:約5ケ月

敷地面積:59.65㎡

建坪:12.42坪

延べ床面積:81.62㎡

建物本体工事費用:約1,990万円(税別)

本体工事以外に要する費用:約440万円(税別)