DIARY現場日記

ショールームに行ってきました

2014.09.17カテゴリー: 未分類

こんにちは、設計部の北山です。
お盆休み以降なかなかブログが書けず、久しぶりになってしまいました汗
「毎日働いていて、なんも書くことないの?」と聞かれると、それはそれは毎日色々とあるのですが、ありすぎて何から書こう?と思っているうちに、気づけば9月も半ば過ぎでした。
小学生だったら完全に怒られてますね。
さて、先日お客様をショールームにご案内してまいりました。
ショールームに行くと、とってもオシャレにコーディネートされた商品がずらりとならんでいて、最初は「素敵!夢みたい!」となる(私は毎回なります、お恥ずかしい)のですが、実際に購入する商品を選ぶとなると、実は大変です。

※北山作ではありません、あしからず^^;
たとえばキッチンなら「このアイランド型素敵!このセットください!」ではすまないのです。
設置できる寸法かはもちろん、シンク、水栓、ガスコンロかIHか、魚焼きグリルは片面焼?両面焼き?収納は引出し?扉?食洗機は?オーブンは?ムーブダウンにします?手動?電動?レンジフードは?扉のデザインは?あといくつかお選びいただくものが・・・
ちょっとまってぇぇぇ!
各メーカー、お客様の細かいニーズに対応できるよう、たくさんの選択肢を用意してはるのです。
細部にまでこだわって自分だけのキッチンにしたい!という奥様にとってはうれしいことだと思うのですが、それでもかなりの気力と体力が必要だなあと、しみじみ思います。
まずは今、キッチンをどのように使っていますか、なにが不便でなにに満足していますか?
普段お料理やお片づけをしていて手が止まったり、作業が停滞することはありませんか?
もしあるとすれば、キッチンの仕様やレイアウト、収納を今と違うものにすれば解決するかもしれません。
お料理をしていて疲れるのは腰?肩?
腰が疲れるならワークトップが低すぎる、肩なら高すぎる可能性があります。
また、「これはゆずれない!」「これはそんなにこだわらない」という優先順位を設けておくのもスムーズにお選びいただくポイントではないでしょうか。
あと、せっかくショールームに来ているのに、離れたところから見るだけの方や、収納をちょっと開けてみるだけで離れてしまう方を時々見かけます。
野菜を洗って切って炒めて調味料を取り出して・・・などと軽くイメージしながらキッチンの前に立って巾や高さを確認するのもいいかもしれません。
実際にエア鍋ふりをするとちょっと恥ずかしいですが(笑)
「なんかめっちゃめんどくさいなあ」と思われるかもしれませんが、ご家族が毎日使われるものですし、ぜひ楽しんで「我が家の住宅設備はこれにしよう♪」を見つけてくださいね。
※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ