DIARY現場日記

「集い空間とぼっち空間のある家」の完成見学会が開催されました

2016.12.07カテゴリー: 未分類

こんにちわ、矢野です。

 

12月に入り、何かと気忙しくなってきましたね。

 

さて、先日12月3日4日と高槻市 K様邸の完成見学会が開催されました。

その様子をお送り致します。

 

現場に着いたのが朝の9時過ぎ、朝の木漏れ日が穏やかに部屋に差し込んでいます。

 

10時になり、続々とお客様が来られました。

設計担当の細江さんより詳しいご説明中です。

 

 

 

皆さんが興味を多く持たれていたのがキッチンの向こうの畳スペース、

多用途に使える工夫がされています。

床の高さを上げることでカウンターの椅子にもなっています。

家族で時間帯が異なる朝食はこのカウンターで取り、

夕食は畳スペースで家族団らんという作りです。

また畳にすることで来客用の寝室にもなります。

 

縦横のつながりを感じる二階のお部屋、

私の大好きな空間です。

 

なんとな~くな抜け感が部屋間の繋がりを持たせています。

構造美がこれまたカッコいい!!。

お子様にはロフトスペースが大人気でした。

 

着工したのが8月1日、着工期間の4か月がなんだかあっという間だった気がします。

その間 沢山の人が関わり、それぞれの技術と工夫と思い入れにより一つの家が建ちました。

その連携の素晴らしさを完成の姿を見て改めて思いました。

 

家は建てられたとき沢山の人に見てもらうと、その住まい手は幸せになるそうです。

これからK様ご家族が健康で幸せな日々をこの家で過ごされることを、心からお祈りします。

 

K様、この度は本当にありがとうございました。

 

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ