DIARY現場日記

そよかぜの塗り壁体験

2019.04.16カテゴリー: 未分類

こんにちは、柳川です。

 

開花してから肌寒い日が続いていたお蔭で、

今年はサクラも随分長く楽しむことができましたね。

今週は20℃を超える日も多いようで、昼夜の寒暖差で

毎日の服装選びにまた悩みそうです。。

 

そんなまだ肌寒かった先週の土曜日に

協会事務所1階にて塗り壁教室を開催しました。

 

 

講師は微風(そよかぜ)を開発された地球環境技術研究所の

藤さんと左官歴60年の井上左官さんです。

 

微風はシックイベースに竹炭・ゼオライトの入った塗り壁材で

そのミクロな気孔により消臭・調湿効果に優れています。

 

まずは微風の下地材を塗っていただきました。

 

 

 

みなさんなかなかの手つきです。

ちいさなお子さまも「自分でやりたい~」と

コテをもってチャレンジしてくれました。

 

 

下塗りが終わったら、微風の上塗りです。

 

 

 

手が届かないところはお母さんがフォローし、

親子で一緒に奮闘中。

何度も塗るうちにコツを掴まれたようで「楽しい~」と

塗るペースもあがり、先ほど塗った下地材の上にも全て塗り完了です。

 

 

井上さんからマスキングテープの張り方や

コテ先を使っての仕上げ方など教えてもらいました。

その職人技の見事なこと!

みなさんから「すご~い!」と歓声が上がっていました。

 

「みなさんが一生懸命塗った方が味があっていいんですよ!」

と井上さん。

養生をきちっとすることで、テープを剥がした時に端が

ぴしっと揃い仕上がりがぐんとよくなります。

私もスタッフと一緒に2階の会議室の壁を1面だけ塗りましたが、

なかなかいい感じになっています(笑)

 

本日早速、ご参加頂いた方より

「連休中に1部屋塗ってみようと思います!」とご連絡を頂きました。

体験することで自信がついたと言っておられました。

ご家族でわいわい言いながらDIYを楽しんでもらえたらいいですね!

 

 

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ