民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ > 施主の本音 > 住んで1年 夏も冬も快適

施主の本音

住んで1年 夏も冬も快適

近代登山や日本のゴルフ発祥地で、ハイキングコースや観光施設が充実した六甲山系。古くから宅地も開発され、豊かな自然と人々の営みがうまく共生している。

 

そんな神戸のベッドタウンにお住まいのHさんが今回のお施主さん。「過去に娘がマンションと戸建てのリフォームで2度、息子が戸建てのリフォームで民家さんのお世話になっているんです。親の私が最後になりました」と笑顔で語る。

 

そもそも娘さんが国産材に関心を持たれたのはHさんと民家のリフォーム現場を見学されたのがきっかけだった。「私は食の安全や環境を考えるグループの仲間から民家さんのことを教わりました。もともとモデルルームを見るのが好きだったので娘を誘ったんです。杉の香りに癒されました。息子の場合は大手の住宅展示場を頻繁に訪ね、じっくり検討した結果、民家さんに決めたようです」

 

Hさんはご自身の実家(築35年)が空き家になったので、ここに住むことを決意。一昨年10月、リフォームを依頼され、昨年1月に完成した。

 

「やっと私の番が来ました(笑)。両親が住んでいた頃の面影を残したかったので、間取りは大きく変えず、台所と続きの部屋の間仕切りをとり、リビングダイニングに。広かった玄関スペースに6畳間を造り、1階のみで生活を可能に。床はむくの杉板、壁は額を飾りたいところはエコクロス、それ以外は塗り壁のそよかぜを施工してもらいました。天井は化粧梁がアクセントになってとてもいい感じです。窓の位置や大きさは変わらないのに室内がうんと明るくなりましたね。土台の基礎が傾いていたそうで、それを修正しながらの工事は大変だったとあとで聞きました」

 

この家は長年の夢だったんですとおっしゃるHさん。

 

「民家さんは信頼している工務店なのでぜんぶお任せでした。細かいところにも気を配られ、使い勝手がよく、住んで1年経ちますが、夏も冬も快適です。ときどき、孫たちが遊びに来ますが、とても気に入ってくれています。ここはご近所に知り合いが多く、終の棲家としてできるだけ長く、そして穏やかに暮らしていければと思います。民家さんに出会えたことに感謝!です」と締めくくられた。

 

 

施主の本音一覧ページ

このページの先頭へ