民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ民家の新築 > 安心安全なもので住まいを

民家の新築

安心安全なもので住まいを

H邸

所在地:堺市北区

主要構造:木造2階建て

設計・施工:(株)建築士事務所民家
竣工:平成31年2月
工期:約5ケ月
敷地面積:59.65㎡
建坪:12.42坪
延べ床面積:81.62㎡
建物本体工事費用:約1,990万円(税別)
本体工事以外に要する費用:約440万円(税別)

 条件の合う土地がなかなかみつからず、中古住宅の改装も視野に入れ探し始めて2年目を迎えた頃、毎日自転車で通る道沿いに好条件の土地がみつかりました。
 しかし、昭和16年に施行された建築線規制により、道路中心後退が求められ、建築面積が5坪も減少し敷地は18坪になりました。それでも何とか機能的で家事動線に無駄のない間取りで、奥さまの要望をほぼ取り入れた延べ床面積25坪の2階建てのプランに収めることができました。
 2階にお風呂、洗面所、トイレを配置し、大小の居室と勾配天井を活かしてロフトを作り、収納スペースを確保しました。1階、2階ともに床はすべてむくのスギ板、壁はエコクロスを基本とし、リビングの一部と玄関に塗り壁の『微風(そよかぜ)』を施工しました。
 奥さまの一番の希望であった、1階のリビングに家族が集う理想の住まいが完成しました。

[施主さんの声]

夫婦とも身の回りの素材にこだわるほうで、食べ物はもちろん、住まいも安全安心なもので建てたいと思っていました。コープ自然派を通じて国産材の家に興味をもって、自分たちの手には届かないだろうと思いつつ、ダメもとで、民家さんに相談したんです。するとコンパクトな家づくりであれば実現できそうとわかり、希望するエリアで物件を探しました。ちょうど子どもの通園ルートでほぼ毎日現場を見学することができました。家ができていく過程を親子で見ることができ、いい経験になりました。家は人生で一番高い買い物なので妥協しないでよかったです。スギの床はいい感じに変わっていくと聞いているので、経年変化が楽しみです。

このページの先頭へ