民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ > 施主の本音 > 開放感ある空間に

施主の本音

開放感ある空間に

絶対条件は「床にムク板」

 

s-DSCF7912お住まいに伺うと生後半年の元気な赤ちゃんが!「打ち合わせの最中にこの子が生まれたんですよ」とHさんはにこやかに出迎えてくださった。

 

コープ自然派のカタログに挟まれている『木族』をよく読まれ、木の家に関心をお持ちだったHさん。「新築や住み替えの予定はなかったんですが、たまたまポスティングされたチラシの不動産物件が気に入り、昨年7月に中古住宅を購入しました。築18年という微妙な年数で、どこまで手を入れるか悩んだんですが、床に無垢の木を張ることは絶対条件でしたね」

 

s-CIMG3961

 

リフォーム内容はフローリングのところをすべて無垢のスギ板(洗面所はヒノキ)に張り替え、1階のリビングの仕切りを取り、和室に続く広い空間を確保。玄関ホールにあった階段をリビングから上がれるように位置を移動。和室への入口をなくし、収納スペースに。玄関上部の吹き抜けをやめて2階を増床など。

工事中、大工さんと細かく打合せも。「クローゼットのこの辺に棚をつけてとか、洗面台と洗濯機の間にすき間収納家具もつくってもらいました。市販品では思ったような家具がないんです。私の落書きのような図面を元に議論し(笑)、使いやすいものができました。大工さん手づくりの踏み台もすごく便利です」

 

ダイニングにカウンターを造作する際は、高さのことで随分迷われたという。「高くしてキッチンを隠したかったんですが、そうすると子どもの手が届きにくい。最終的に流し台の高さに合わせて正解でしたね。カウンターのお皿を運ぶとか、上の子がお手伝いをしやすくなりました。台所やリビングの使い勝手がよりよくなるように、ガス台とカウンターの間にボードをつけたのもよかったです。これは料理をする主人の強い希望で(笑)」

 

s-CIMG3956

昨年11月に工事が完了し、新しい住まいに引越しされた。「開放感があり気持ちいいですね。子どもが走り回っています。カウンターは便利だし、無垢の木の床に張り替えたことで新築みたいと言われます。 ただ、気になるのは冬の寒さ。前はマンション住まいだったのと、うちは住宅街のいちばん北で、北風が直撃するんです。2重サッシの提案をいただいていたんですが…。ガレージに物干しの屋根を取り付ける予定でしたが、それはやめにしました。取り付けるとリビングが暗くなりそうで、なければないでいいかなと。3カ月住んでみて、いろいろわかることがありました。国産材を使うことで、少しでも日本の山に貢献でき、うれしく思っています。」

施主の本音一覧ページ

このページの先頭へ