民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ > 施主の本音 > 心なごむスギむく板

施主の本音

心なごむスギむく板

子供が床をゴロゴロ キズも気にならず

 

聖徳太子ゆかりの町は兵庫県にもある。今回は自然豊かな太子町に

お住まいのH邸を訪ねた。

「もともと、母親が国産材を使った住宅に興味をもち、民家さんの

見学会によく参加していたんです。それがきっかけで、妹がお世話

(リフォーム)になりました。そのときは、あまり興味はなかったんですが、

自分が家をもつにあたり、関心が高まりましたね」とHさん。

 

「住まいについて調べていくうちに”木の家がいいかもしれない”と思うように

なりました。妹の家に行ったとき、子どもたちが楽しそうに走りまわっていた

のが印象的で…。健康のことを考えたら、接着剤を使った集成材より、むくの

木がいいよ、ということも聞き、納得。ぼくも民家さんにお願いすることに

したんです」

s-DSCF4355

当初は土地を探して、家を建てる計画だったHさん。「希望する校区内で

土地が見つからず、中古住宅を購入しリフォームすることにしました。

今年の2月半ばに着工し、3月20日に完成。3日後には引っ越しましたね。

工事を急いでいただいたので、小学校の入学にぎりぎり間に合いました」

 

リフォーム内容は1階のリビングの床をスギ板に張り替え、リビングの

仕切りを引き戸から収納しやすいスライドの扉に変更。2階は3部屋あるうち

2部屋をひとつにまとめて子ども部屋にし、床をスギ板に張り替えた。

屋根と外壁を塗り替え、外付けのベランダも設置した。「前の家では収納に

苦労したので、押し入れを広げ、ウォークインクローゼットとして使える

スペースも確保しました。妻の一番の要望です。」

s-DSCF4364

工事中は週に1~2回、ご家族で現場を訪ねられたものの、エピソードは

あまりなかったとおっしゃるHさん。「実は工事が終わってから、現場監督

さんにはいろいろとお世話になったんですよ。カーテンレールを自分でつけ

ようと購入していたものの、取り付けてはいませんでした。そんな折に別件で

現場監督さんが来られることになり、事前にカーテンレールの設置を依頼し、

対処していただきました。郵便ポストの設置や網戸の張り替えも!助かり

ましたね(笑)」

 

「子どもたちが自由に走りまわり、気持ちよく床をごろごろしているのを

見ると、なごみますね。床がキズつくことも気にならなくなりました。家に

帰ってくるのが楽しみです」とも。

s-DSCF4362

 

最後に奥さまは「木の家、住み心地がいいですね。むくのスギ板は、夏は

べとつかず、冬暖かいのがうれしい。子どもの喜ぶ姿を見ると、お願いして

よかったなと思います。収納が増えたのでキレイな住まいにしていくのが

これからの目標です。」と結ばれた。

施主の本音一覧ページ

このページの先頭へ