民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ民家のリフォーム > 思い描いた木の住まい

民家のリフォーム

思い描いた木の住まい

sP1090316

Y様邸

所在地:和歌山市

主要構造:木造2階建て

猫のたま駅長で有名になった和歌山電鉄貴志川線近くのY様邸は築44年。ご夫婦とワンちゃん、猫ちゃんとのお住まいです。老朽化が気になり始め、家づくりの情報を集めて勉強を始められました。新建材の住宅が多い中、「木族」を通じて協会のセミナーや見学会に参加するようになり、ようやく自分達の思い描く木の家がイメージできたそうです。
玄関やキッチンの位置を変え、2階の和室を撤去し吹き抜けにすることで明るく風の通るリビング・ダイニングに変身。床や壁、天井には断熱材を入れて冬のすきま風や底冷えを解消し、床には30ミリの杉の無垢板を張り、壁にはシックイベースの塗り壁材「そよかぜ」を塗りました。2階の窓際にはキャットウオークや、玄関脇にはワンちゃんが自由に出入りできる地窓など、工夫もいっぱい。ペットとともに楽しく暮らせる住まいに生まれかわりました。

リフォーム金額:約2,400万円(税別)

[施主さんの声]

吹き抜けは冬寒いかと心配でしたが、断熱材とペアガラスの効果か、真冬もスリッパは不要。スギの床は暖かいですね。雨の日も家の中はカラリとしていて、調湿効果も実感しました。一番びっくりしたのは飼い猫が床のどこでも心地よく寝ていることですね。以前はそんなことなかったので。
上質な家具は丁寧に手入れして、長く使いますよね。僕たちはそんな家具の中に住んでいるような心地がします。経費面に気を取られてしまいがちですが、民家さんには妥協しない家づくりを提案していただき、本当によかったです。

このページの先頭へ