民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ民家のリフォーム > 杉の温もりに期待

民家のリフォーム

杉の温もりに期待

P1030524s nara Ksama

K様邸

所在地:奈良市四条大路

主要構造:木造2階建

平城宮跡や唐招提寺など、歴史遺産に程近い静かな住宅地に建つK様邸。築11年の家を中古で購入し、住まわれて22年。現在はご夫婦とお子様の3人住まいです。
屋根や壁、水回りが古くなってきたこともあり、全部やりかえることを決められました。
窓の位置変えや間取りを大きく変更するため、骨組みだけを残して解体しました。耐震補強や床、壁、天井などに断熱材を新たに加え、ペアガラスを入れることで窓の断熱も充実させました。台所は位置を変えて廊下を取り込み、備えつけのカウンターを設置。1階の床には無垢のスギ板(30mm厚・三重県産)を張り、壁と天井にはエコクロスを使用しました。2階は1部屋のみやりかえ、和室はそのままに。屋根を葺き替え、外壁や玄関扉も塗り替えることで装いも新たになりました。

リフォーム費用:約1,430万円(税別)

関連記事
杉の温もりに期待

[施主さんの声]

2人とも大阪育ちで、奈良に来て初めて底冷えというものを知りました(笑)。この夏はエアコンで冷えた空気が翌日の昼まで保っているので、冬は暖かいだろうなと期待しています。玄関、台所、洗面所の動線がよくなり、家事がしやすくなりました。20年も住んでいるとモノがたまってしまうので、今回のリノベーションはモノを処分し、ライフスタイルを見直すいいきっかけになりました。

このページの先頭へ