民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ民家の新築 > この家いいね

民家の新築

この家いいね

top-P1130152

K邸

所在地:高槻市

主要構造:木造2階建て

設計・施工:(株)建築士事務所民家
竣工:平成28年12月
工期:約5ケ月
敷地面積:100.42㎡
建坪:17.18坪
延べ床面積:102.26㎡
建物本体工事費用:約2,750万円(税別)
本体工事以外に要する費用:約470万円(税別)
 

数年前京都にご在住の折、マンションの床の張替えと浴室の交換をご依頼いただいたKさま。その後、お子さまが増えて手狭になられたこととご主人の職場が変わったことが重なり、戸建住宅を購入し新築を建てることになり、再び民家にご連絡をいただきました。
Kさまの希望は通風と採光のよさはもちろん、四季の移ろいが感じられること。家族が気配を感じつつも一人になれる空間を確保することでした。また畳のコタツに家族が集まることから、リビングの床を上げキッチンと目線が合う高さにあわせた畳の部屋に。
玄関の正面に納戸(クローゼット)を設置し、洗面所をかなり広くとりました。洗濯ものをたたんだり、収納できるスペースも出来たので洗濯の労力が半減したそうです。総ての床にはムジ上小節の30ミリのスギ板(三重県産)を使用。見た目もスッキリ、足触りもきもちがいいです。
玄関アプローチに沿って創られたお庭は、ブロック塀の控え壁を藤棚付きベンチとして見事によみがえらせました。

[施主さんの声]

思春期の子どもと幼児がいるので、適度な距離が必要だけど、まだ目が離せません。転勤のたびにいろいろなタイプの家に住み、学んだことや住み方のクセ、自分たちの希望をざっくり伝え、設計に反映してもらいました。ほとんどプロのみなさんにお任せしたので、よい提案をたくさんいただけたように思います。リビングを畳にしてもらい窓を大きく開口したので、外の景色がよく見えるんです。自然を感じられる心地いい空間です。1日1回は「この家いいね」とつぶやくほど家族全員がお気に入りの住まいです。

  • s-P1130152
  • s-P1130161
  • s-P1130166
  • s-CIMG5624
  • s-P1130196
  • s-CIMG5627
  • s-CIMG5628
  • s-P1130211
  • s-P1130210
  • s-CIMG5629

このページの先頭へ