民家は、日本の木と日本の技術を使った地産地消の木造住宅を建てる建築事務所です。

株式会社 建築士事務所 民家

06-6395-8215 9:00-17:00 (日曜休)

トップページ > 民家のこだわり > 木造在来工法

木造在来工法

在来工法

千年もの歴史を誇る日本の木造住宅。その長い歴史の中で、天災に耐え、より丈夫な住まいへの答えとして軸組在来工法が生まれました。
私達は、日本で受け継がれてきたこの伝統工法に新たな技術を加え、太い柱と梁を強固に組み上げる木造軸組み工法を採用しています。

差し鴨居工法

材成の大きな鴨居を用いる工法で、昔から民家などによく使われていましたが、今では珍しくなりました。 通常の鴨居が造作材なのに対して差鴨居は構造材の役割を担っています。水平方向の力に対して強く、軸組みの変形を防ぎます。(ご要望によります。)

差し鴨居工法

柱落し込み工法

従来の足固め工法の原理と同じく、コンクリートの土台に柱を落し込み、土台そのものと住まいの柱を固めます。 地震時に大きな被害をもたらす柱の浮き上がりを防ぎます。(ご要望によります。)

柱落し込み工法

仕口・継手

培われてきた伝統の技、金輪継手や台持ち継手などを適材適所に使用。木の癖を見抜き、年月を経るごとに強く、粘りが出るようにと繋ぎ合わせる、まさに熟練の技です。

仕口・継手

込み栓

接合部分のホゾを長くとり、そこへカシなどの広葉樹(堅木)の栓を打ち込む、「込み栓」を採用しています。なるべく金物に頼らない…これも私達のこだわりです。

込み栓

このページの先頭へ